石油ストーブ

すっかり寒くなり、暖房が必要な時期になってきました。石油ストーブが暖かいです。石油ストーブは、名の通り石油を燃やして暖める暖房器具です。火を燃やすので、見た目からして暖かくなりますね。石油ストーブは、電気を使わないので停電時や、災害時、緊急時にも灯油が確保できれば利用できる便利なストーブです。


石油ストーブは、反射板のついた反射式と筒のような形をした対流式があります。反射式は一般家庭で使われることが多く、対流式は学校や公民館等広い部屋大きい部屋でよく使われているものです。


石油ストーブでの人気メーカーは、コロナ、トヨトミでしょう。石油ストーブのデザインは、実用的なデザインが多くデザイン性はあまり重視されていないように思います。アラジンというメーカーは、レトロな雰囲気がただよう製品も出しています。


機能的には、点火は、乾電池式が多くだいたいがマッチでも付けられます。給油は、反射式のストーブはタンクが多いです。対流式の場合は、ポリタンクでストーブのそばまで持って行って給油するタイプが多いですね。あとは部屋の大きさに合わせてストーブの大きさを選択すればいいでしょう。雪国や寒冷地では、余裕を持った大きめがいいと思います。我が家では、1ランク大きいサイズを買ってきました。