おせち料理

あと2ヶ月と少しで令和元年の今年も終わりです。(最初の4ヶ月は平成でした。)年が明ければお正月、おせち料理ですね。手造りおせちが恒例となっているご家庭もあるかもしれませんが、豪華におとり寄せおせちもいいのではないでしょうか。


老舗有名店のおせち、中華風、洋風のおせち、有名百貨店のおせち、京都のおせちなどたくさんありますね。おせち料理とは、御節料理と書きます。おせち料理では、たくさんの種類の料理があります。黒豆、数の子、紅白のかまぼこ、大根なます、まだまだありますが、みんなひとつひとつの料理に意味があるのです。


おせちといえば、重箱にお料理を盛り付けますが、重箱に詰めることにも意味があるし、段数にも、どの段に何を詰めるかも意味があるのですね。その土地、その土地で違うのかもしれませんが、ひとつひとつ、どんな意味なのか考えながら頂くのもいいでしょう。


おせちを買うときに注意が必要なのが、消費税です。あまり立派な高額な重箱に入ったものを購入すると、食品扱いにならずに消費税が10%になりますよ。売る方でも考えているでしょうから、なかなかないとは思いますが。


来年は、どんなおせちでスタートしますか??