ガス発電機

千葉県で台風により大規模な停電が発生し、長期にわたった復旧活動、ようやく復旧して間もない。電気の便利さを改めて身にしみた出来事だった。ガス発電機、東日本大震災をきっかけにプロパンガスを燃料にした発電機が開発されてきた。発電機の燃料といえば、主にガソリンだった。


東日本大震災では、ガソリン、灯油などの入手がきわめて困難だった。しかし、プロパンガスボンベはゴロゴロと津波で流されてきた。これを見て、災害時にでも入手しやすいプロパンガスやカセットガスボンベ等を燃料にした発電機で、電力を届けようと考えられだんだん普及してきた。家庭用でも使えるガス発電機がそろっている。発電機は普段はアウトドアでも便利に使うことができる。普段もつかいつつ、いざというときにも役立つものである。