読書バリアフリー法

読書バリアフリー法というものが、制定されました。

視覚障害や発達障害のある人らが読書をしやすい環境を整えましょうという法律です。

点字図書や音声読み上げ図書(電子図書)を国や自治体が中心となって整備しなければなりません。


読書は、教養を高めたり、いろいろな人の意見、知識を吸収できるものだと思います。

視覚障害者はなかなか大変で、ボランティアの方々の努力で、支えていたようです。

読書バリアフリー法超党派の議員立法で成立したようです。

ぜひ、障害のある方も読書が楽しめるような環境が整ってくれればいいと思います。

AIやIT機器によって画期的なものが出てくるのではないでしょうか。